人手不足が叫ばれる中、「外国人採用」が労働力確保の有力な手段として注目され始めていますが…準備はできていますか?

実際、「外国人採用」には難しい手続きや注意しなければならないポイントがたくさんあります。このチェックリストは採用のフローに沿って各段階での重要なチェックポイントをご紹介しています。

チェックリストの中身とは…?

チェックリスト

早速どのようなチェックリストなのか見ていきましょう。

ポイント①実際の裁判ケースを紹介している

どのケースも採用側の確認不足やちょっとした勘違いで起きたものばかりで、どんな企業でも注意が必要です。これらをしっかり確認することで、実践的な対策を講じることができるでしょう。

1つチェックしてみましょう。

「派遣業務を営む被告人Y(以下、Yとする)は、Facebookで知り合ったベトナム国籍のA(以下、Aとする)を含む7人を、Bホテルに派遣した。YはAが日本に入国する前に、Aの本人確認をFacebookを通じて行った。その際Aは、日本在住のCのパスポートと在留資格(留学)を本人と偽り、写真でYに対し送付した。YはFacebook上の名前とパスポートおよび在留資格の名前が違うことには触れず、その後もAに確認する機会があったにも関わらず確認行為を怠り就労させた。」

このケースでYは有罪判決を受け、罰金刑も受けています。このように刑事事件になってしまうと、責任者が逮捕されるだけでなく会社全体に大きな損失を与えることになってしまうのです。こういったことを防ぐためにチェックは必要でしょう。

ポイント②採用フローに沿ってポイントをまとめている

情報公開・面接・内定・採用の各段階ごとに分けて30のポイントを紹介しています。特に面接では「聞いてはいけないポイント」も紹介しており、候補者に最も近い存在となる採用担当者には確認必須な項目となるでしょう。

各段階ごとに、左側のフローも動くのでストレスなく読み進めることができます。外国人採用は情報が乱立していて集めるのだけでも一苦労ですが、ここでは明確に理解できるのです。

ポイント③1枚のチェックリストになっている

チェックリスト(手書き)

各段階の細かいポイントを紹介する前に1枚のチェックリストがあります。これはチェックボックス付きで、印刷すれば実際に活用することが可能です。

また、社内に共有するために1つ1つまとめる手間も省けますし、見落としも防ぐことができる優れものです。これさえあれば外国人採用は失敗しないといっても過言ではありません。

もちろんすべての情報は行政書士に監修されており、情報の信頼度も担保されています。

今すぐダウンロードを!

外国人採用を始める企業の方、すでに始めている企業の方、まだまだ検討中の企業の方…ぜひ一度このチェックリストを参考にしてみてください。

詳しい情報は今すぐダウンロード↓↓もちろん無料です↓↓