優しい日本語とは何か、それが採用面で使えるのは本当か、という疑問があるならば、外国人の雇用手段として試していただくことをおすすめします。

そこで、優しい日本語の特徴は何か、優しい日本語を採用までどのように使われているのかをまとめました。

外国人の雇用問題は大企業だけでなく、中小企業もビジネスの発展という面で、優秀な外国人を雇用できる上に、その採用能力を評価されることに繋がります。

優しい日本語とは?

日本語 スタンプ

優しい日本語を簡潔にまとめますと、日本語が苦手な外国人に対して簡単に理解できるよう変換した日本語ですが、この言葉の発端は採用面とは少し違います。

外国人雇用が積極的に行われる最中で、日常でも外国人の従業員を見かける機会が多くなりましたが、日本での災害等の緊急時に在日外国人が情報を理解出来ないことが発端とされています。

そこから改良を重ねて用途が増えましたが、優しい日本語という基準が曖昧なので、情報の精度も曖昧になる、という点がデメリットとして挙げられます。

優しい日本語とは聞くけれど…

元々、災害時の外国人への緊急対応としてマニュアルが用意されて、翻訳の時間を効率化したものですが、日本人が英語を習得することに時間が掛かりすぎてしまうため、その分優しい日本語の伝える技術が進歩します。

災害だけでなく、労働面でも外国人雇用にあらゆる分野が注力して、将来的に外国人労働者が働きやすい労働環境作りにも繋がるので、そういった意味としては優しい日本語そのものが無くなるということはありません。

日本人が英語を習得するもしくは外国人が日本語を習得するという課題に対しては、コストが大きくかかり、災害時などの緊急時に外国人へ対応が追いつかず現実的ではないので、優しい日本語を利用して外国人の言語を解決に導いています。

どんな場面で使われている?

受付

医療現場での専門用語を分かりやすく説明するために用いられており、多国籍の患者に対して医療用語は翻訳しなければ理解しづらく、患者が薬の名前や服用時間を聞く方法が分からないケースがあり、優しい日本語が使われています。

優しい日本語での教育を行う方を対象としたセミナーや講座があり、ここでは患者に対して症状の確認方法や、処方薬の説明方法を受講することが出来るので、おすすめしたい企業は外国人に対する対応方法が確立していない場合です。

飲食業界では現場のチェーン店でアルバイトを雇用していることもあり、従業員に必要なマニュアルがあるのは当然として、漢字にふりがなをつける、等の対応が行われています。

飲食業界の場合は、外国人労働者向けの優しい日本語のマニュアルを導入していただきたいのですが、特にチェーン店のようなサービス業は日本の場合、外国と違いサービスの方法にギャップや差があるので、接客に該当する挨拶方法は優先して対応しましょう。また、優しい日本語はひらがなだけで表現しているケースもあり、漢字とひらがなではなく、統一してより多くの外国人に伝えたいことをアピールする手段として用いられています。

日本語って難しいの?

外国人が日本語を難しいと感じるのは、熟語が関係しているのですが、そもそも多くの日本人も尊敬語と敬語を誤って使用するように、複雑な部分もありますがそれだけではありません。具体的に表現すれば、英語の意味が似ていてどれをどの場面で使うのか分からない(SeeやLook)という日本人と、日本語にも同様の熟語があって分からない(見ると視る)外国人、などの場合です。

専門用語の場合、それらを適格に優しい日本語で外国人に伝える技術が必要なので、その点を各業界の専門家が把握している必要はありますが、外国人労働者は就労先によっては日常会話レベルの日本語を習得している必要性が出てきます。

ですので企業の採用担当者は、外国人の日本語レベルに沿って優しい日本語で会社の労働条件を伝える、というのは採用担当者の役目になりますので、事前に外国人対応用のマニュアルを用意しておきたいところです。

採用にも優しい日本語を取り入れよう!

外国人 女性 笑顔

採用面では、外国人に優しい日本語で労働条件を的確に教えることがポイントですので、この点も踏まえて実際の採用では具体的にどのように取り入れて対策しているのか、をまとめました。

業界として医療や飲食というように、生活にかかわる分野が優先的に優しい日本語を対応していけば、外国人はさらに住みやすくなり、採用担当者の企業も得を出来る関係を築けます。求人媒体から雇用後の対応まで、Guidable株式会社の対策を例として挙げましたので、今後優しい日本語はどのように利用していくべきか、方向性を明確に出来れば幸いです。

求人では

Guidable Jobsは在留外国人向けの求人サービスで、各求人に優しい日本語として漢字にふりがなをつける等の、優しい日本語に対する取り組みを積極的に行っていることが読み取れます。

日本語に加えて英文も記述されている求人もあるので、その点でも求人内容の見やすい上、日本語教材が展開されており、日本語を学ぶと同時に、仕事を探すもしくは働けるという配慮もされています。

優しい日本語で対応した求人であれば、応募する外国人が日本語の習得意識が高いことが読み取れるので、外国人の日本語習得に対する意欲を計ることにも繋がります。雇用を左右する採用担当者が優しい日本語を理解していなければ、求人広告等の募集の面から外国人雇用の問題を見誤ってしまいますので、一番伝わりやすい適切な優しい日本語を使うことが大事です。

ですので外国人に対して、求人内容が適切で伝わりやすい表現と、読み取りやすく業務がイメージしやすい形式を残して、優しい日本語を取り入れないと応募自体が無くなってしまう、ということにならないようにしましょう。

やさし日本語を活用したGuidablejobs ホームページはこちら

雇用契約書では

雇用契約書は、基本的には日本語で作成されていますが、外国人に理解できる母国語や英語に翻訳した雇用契約書も作成して、お互いの認識に問題が無いか確認します。

労働条件の説明は企業側から外国人労働者に対して説明を義務付けられていますので、入社前に労働条件の開示を正確にし、でも漢字にふりがなをつけるなどの優しい日本語の取り組みを行うと良いでしょう。この雇用契約書は労働前に労働者に理解できる形で労働条件を開示するという法律上の義務がありますので、必ず注意すべき項目ですし、その上で優しい日本語の活用としては伝わりやすくするための活用方法になります。

雇用後の説明では

日本人の転職と同様に、区役所での住民登録など外国人本人が行う手続きを指導する必要が出てきますが、この点も専門的になる部分なので優しい日本語で説明するとスムーズになります。人種による差別をしてはいけない、ということを守る必要があり、労働条件や福利厚生の説明等ありますが、労働環境にて適正な指導を行うように共に働く日本人にも理解してもらう必要があります。

外国人を雇用する場合、現場の社員にも理解してもらうように指導する必要があるので、採用担当者は現場に教育の引継ぎも正しく行わなければ、現場での外国人労働者に対する配慮が無くなる恐れもあるので注意するべきです。

外国人労働者の雇入れや離職の際に、在留資格の確認が法律で義務付けられていますので、企業と外国人労働者が手続きに必要な書類についてお互い確認しましょう。

優しい日本語には詳しくなりましたか?

日本語

外国人雇用が積極的になり、雇用面でも言語の問題を解決する必要性が強くなっているため、企業が外国人に適した優しい日本語の翻訳を行う必要があります。

求人での募集方法から、契約後の外国人への対応までも、全て必要な項目になるので採用担当者は把握すると同時に、一般的に新たに改正された情報の取得にも日々取り組むべきです。