外国人を雇用する上で最も注意しなければならないことの1つに「ハラスメント問題」があります。

日本と海外では文化や環境が違うため、それに伴い考え方や価値観も異なり、それらの違いを理解しきれずに何気なく接していたらハラスメントとして訴えられた…というケースもあります。

ハラスメントとして訴えられてしまう可能性にはどのようなものがあるのでしょうか。また、どのように注意をして外国人と接すれば良いのでしょうか。それらの疑問について本記事では、実例などを用いつつ詳しく説明します

外国人雇用ではハラスメントは要注意?!

ハラスメントの絵

外国人を雇用する際は「ハラスメント」についてより敏感になる必要があります。

ハラスメントについての定義は曖昧であり、結局受け手側が「ハラスメントだ」と認識された場合、それはハラスメントとなります。そのため、ハラスメント対策として大事なのは相手のことをよく知ることです。何を言われると嫌なのか、何をされると気に障るのかをよく理解しなければ、何気ない一言や所作がハラスメントと捉えられかねません。

ただ外国人は文化や言語や宗教による価値観の違いなどで考え方を理解するのに時間がかかることが大いにあります。どのような対策をしていったらいいのでしょうか。

日本と文化が違うから…

日本と海外は文化が違います。日本では当たり前のように行われていても、外国人にとってはハラスメントとしか思えないような事も多いです。

例えば、お酌はほとんどの国で行われておりません。もししてしまったらお酒の強要としてアルハラで訴えられる可能性も。また、逆に外国人にお酒を注がせるのもNGです。その他、イスラム教の女性には男性は一切触れてはいけない為、激励のために肩をポンッと叩いただけでセクハラの訴訟問題にもなり得ます。

このように、考え方や価値観をしっかり理解してから接さなければ何気ない言動でハラスメントとして訴えられてしまいます。「日本ではそうだから」と思わず、相手の考えを尊重する意識が重要です。

海外のハラスメントは厳しい?

オフィス

最近日本でも労働者を大事にする法律や制度が整えられ始めています。しかし海外では以前から基本的に「労働者を守る」という意識が強いです。その為外国人にとって「働く自分は守られるべき対象である」と考えており、ちょっとした不満でもすぐに上司や公的機関に相談を持ちかける事もあります。

仮にハラスメントとして訴えられた場合、社内での立場が苦しくなるのはもちろん、さいあく解雇処分にもなり得ます。さらに、転職活動にも影響を及ぼしかねません。

外国人を雇う際は、外国人のためにも自分の為にも、考え方や価値観が互いに違うという事を念頭に置きつつ慎重にコミュニケーションをとり相互理解をはかりましょう。

ハラスメントは対策できる!

友達

日本人の何気ない言動をハラスメントとして訴えられるのでは対策しようがないと思うかもしれませんが、実はそんな事はありません。具体的に何点かの行動を守ればハラスメントの対策ができます。

ただ、どの対策もその国や宗教や人によって捉え方は様々なので関係性を築きあげたと思ったタイミングで徐々に対策をゆるくしていく事も大事です。あまりにハラスメントを意識し過ぎるとかなり希薄な関係になってしまいます。

ただ、最初はきっちり仕事の関係と割り切って対策を講じる方がいいです。一度ハラスメントで訴えられたらその後一生その事実はつきまといます。相手を理解できるまでは慎重にコミュニケーションを取りましょう。

ハラスメント対策:プライベートは聞かない

海外では基本仕事の時間が終わった後はプライベートの時間になります。日本のように仕事後に会社の人とご飯や飲み会へ行く事は少ないです。ただ、それだけプライベートと仕事を分けて考えている人が多いということになります。

会社の人にプライベートのことを聞かれるのを嫌がる外国人は少なくないです。「休日は何をしているの?」「どこらへんに住んでいるの?」「普段何食べているの?」など、日本では会話の定番である質問でも、外国人次第ではプライバシー侵害と捉える事もあります。

基本はプライベートについて何も聞かない方が良いでしょう。仕事上の関係と割り切って、無理に踏み込んだ関係性を作らない事が重要です。

ハラスメント対策:文化や宗教を侮辱しない

イスラム教の女性

海外では日本以上に宗教や文化の価値観を尊重しているところが多いです。それらについてコメントをする事や、ましてや侮辱なんてしてしまったら逆鱗に触れてしまう事もあります。

例えば、イスラム教では豚は不浄な生物として豚肉を食べない文化があります。それを「どうして食べないの?」や「おいしいよ?」なんて声をかけるだけでも教徒にとっては聞くに耐え難い会話になってしまうのです。

その他、宗教の考え方のみならず母国の文化などにも口を出してはいけません。外国人はその考え方や価値観を人生の基軸として捉えている方も多い為、それらを否定されてしまうと人生そのものを否定されていると感じてしまうのです。

ハラスメント対策:むやみにお酒を注がない

お酌の文化は海外にはほとんどありません。「上司からお酒を注がれたのだから飲まないと」なんて声をかけてしまった日にはもう翌日からその外国人は会社に来ないかもしれません。外国人にとって、仕事後の時間はあくまでプライベートの時間です。飲み会だとしても好きなお酒を自分のペースで飲みたいと考えています。

また、外国人にお酒を注がせるのも外国人からしたら考えられない行動です。自分のペースでお酒を楽しんでおり、周りもそれぞれのペースでお酒を楽しんでいると考えている為、人にお酒を注ぐのにも抵抗があります。それらを「やらないとダメだよ」と教えてしまった場合パワハラとして捉えられかねません。

ハラスメント対策:ボディタッチしない

触るなという文字

海外と比べて日本はボディタッチが多いわけではないのでそこまで注意する必要ないのでは?と思ってしまうかもしれませんが、外国人には同性・異性関係なく指一本触れないくらいの意識がいいです。

以前海外で「イスラム教徒の女性が宗教上面接官との握手を拒んだら面接が不合格となり、それについて宗教差別であると訴訟を起こした」という実例もありました。握手のみならず激励として肩を叩く行為なども人によっては許されないボディタッチだと感じてしまう事もあるのです。

ただ、逆に日本よりボディタッチが多い文化の国ももちろんあります。外国人によって許容する範囲は違うので、一旦はこちらからは一切触れないくらいの意識が一番良いです。

外国人のハラスメント対策はバッチリですか?

外国人4人

日本でも大きく取り上げられ始めた「ハラスメント」問題。現状、ハラスメントとして訴えられた時点で訴えられた側はほとんど立場がなくなるほどに日本ではハラスメント抑制の制度が整ってきています。大事なのはそもそもハラスメントとして訴えられないようにすることです。

ただ、外国人は日本人と違う考え方や価値観を持っている為、日本人としては「そんなことで?」と思うようなケースで訴えられる場合もあります。仕事後の飲み会でさえ訴えられるかもしれません。ただ、もちろん飲み会を嫌う外国人もいれば好む外国人もいます。大事なのは相手を理解することです。相手の考え方や価値観を理解した上で適切なコミュニケーションを取ることが重要になります。