中央区勝どき・月島にあるバレエ教室「Ones Ballet Studio」では、弊社の外国人向け求人サイト「GuidableJobs」を活用し、1か月間で2名の外国人スタッフ採用に成功しました。

今回は、代表の藤沢様に詳しくお話しを伺いました。

外国人講師が活躍するバレエ教室とは?

どんな環境で外国人講師の方が活躍しているのでしょうか。まずは、バレエ教室についてお話し頂きました。

バレエ教室「Ones Ballet Studio」について

――Ones Ballet Studioは、どんなバレエ教室ですか?

藤沢様:こどもから大人までやっている教室でして、スタジオを設立してから8年くらいになります。

一般的なバレエ教室もやってるのですが、「英語でバレエ」というクラスもやっています。

「英語でバレエ」というのは、インターナショナルな方とバレエ経験がある先生2人のバイリンガル形式で行う形式の教室です。

インターナショナルな先生は英語で話して、日本語担当の先生は日本語でサポートしてっていう形式でクラスを展開しています。

現在はおかげさまで、週に4クラス開講していてほぼすべてが埋まっている状況ですね。

英語も学べるバレエ教室を始めたキッカケ

――英語で行うバレエ教室ってとても珍しいと思いますが、どのようなキッカケで始められたのですか?

藤沢様: バレエ教室を立ち上げたときに、アメリカ国籍の友人と一緒にやろうという話になったんです。

そこで、周りにバレエ教室の競合が多くいる中で、何かもう一つ特色を持った教室ができないかという思いがありました。

バイリンガル形式のバレエ教室であれば、バレエと平行して英語を学ぶこともできるし、働いていて時間がない人たちの習い事として選んでもらえるのではないかと思ったのでがキッカケです。

採用活動の不安は?どんな課題がありましたか?

今回、どんな課題に直面して、新たに採用活動を始められたのでしょうか。

また、外国人採用専門の媒体を使って実施するまでにはどのような経緯があったのでしょうか。

まずは、そこに至るまでの経緯をお話し頂きます。

講師の採用活動を始めたキッカケは?

――外国人採用の媒体を利用したのは初めてですか?今回の外国人採用についての経緯について教えてください!

藤沢様:実は採用活動というか、「他人で誰かを雇う」ということ自体が初めてのことでした。

英語を使わないバレエ教室の方でも、始めは1人でやっていました。どうしても人が必要になったタイミングで採用について考えるようになったんですが、採用媒体を使ったのは今回が初めてです。

このような専門職の業界ってツテで人材を探すことが多いんです。昔、所属していたバレエ団の友人に紹介してもらったりする方法などが中心でした。

なので、はじめは採用活動に費用をかけるという選択肢がありませんでした。

それでも初めのうちは、友人と2人で運営できていたんです。

――なるほど。すごいですね!それまでは、ほとんど採用にコストをかけなくても順調に運営されていたんですね。

藤沢様:ですが、最近になって有難いことにクラスがいっぱいになってしまいました。もう少し多くレッスンをやりたいというお声も生徒さんから頂いていたのでクラスを増やすことになりました。

その中で英語ネイティブの方でかつバレエ講師としても活躍できる方が必要になり、そこで、御社のような外国人の方へ募集がかけられる求人媒体を検討し始めたんです。

初めての求人媒体、どんな不安がありましたか?

藤沢様:初めての採用活動だったのと、本当に緊急で人が必要になったので短期間で求めている人材を集められるか不安でした。

――英語を使うバレエ教室ということで、どのような人物像を求めていらっしゃいましたか?

藤沢様:今回募集をかけさせていただたのが、小さいお子さんがメインで初めての方向けのバレエ教室の先生でした。

今回の募集で採用できた方たちは、たまたまダンス経験があったんですが、あくまで「私が日本語で言ったことを全て同時通訳で英語にできる」「子供とのコミュニケーションがしっかりとれる」などの能力を重視していましたね。

これだけの条件をクリアした方が短期間で集まるのかという不安はもちろんありました。

求人媒体(Guidable Jobs)を利用してみて

――今回の採用活動が初めてだったということで、様々なご懸念点があったのですね。

特に英語ネイティブスタッフの採用となると、求人媒体の選定にかなりご苦労様されたかと思います。

そんな御社が「Guidable Jobs」を選んだキッカケを教えてください!

サービスを知った経緯を教えてください

藤沢様:実は始め、御社は存じ上げていなく他社さんの外国人媒体を利用させて頂いていました。その時が本当の意味で初めての採用活動だったんです。

その時は、1ヵ月で10人の応募者が集まったのですが、その数の良し悪しもわかっていなかったのと、私もちょっと初めての採用活動で舞い上がってしまってました。

1人目に来てくれた方が、ドイツ人の女性の方だったのですが、すごくコミュニケーションが取りやすい方ですぐに内定を出しました。

――その方は講師になられたのですか?

レッスンの様子も見に来ていただいて、彼女もその時はイメージが湧いていたみたいなんですけど、実際にやってもらうと難しかったようだったのと、始めに挙げていた条件日数の出勤ができないということだったので採用がキャンセルになってしまいました。

結局、その時はあまり採用があまりうまくいかずに終わりました。なので、そちらでの掲載が終わったタイミングで、新たに外国人の方を採用できる求人媒体を探し始めました。

サービス導入の決め手は?

藤沢様:そんな中で御社にお問い合わせしたんですが、実はその時は別の他社さんだと勘違いしていたんですよ(笑)

とにかくスグに採用を決めたかったので、電話でお申し込みさせていただいたんです。

その後、掲載されていると思っていた求人サイトを見にいったら、掲載されていなくてとても焦りました!その時にようやく間違っていたことに気づいたんです。

――それは焦りますね(笑)たしかにどちらも外国人求人サイトという点では馴染みもないですし、始めは見分けがつきにくいかもしれませんね。

藤沢様:その後、御社にキャンセルのお話しも含めて、お問い合わせさせていただいたんですが、営業の方に「この国籍の人がだいたい何人登録されているか」や「この職種だと1ヵ月に何人応募が来る」など具体的なお話しを頂いて、御社の求人サイトも検討することに決めました。

もちろん、当初掲載させて頂く予定だった他社さんにも改めてお問い合わせしました。

他社さんの担当者さんには、御社と同じプランで募集をかければ倍の応募者が来ると聞いたんです。

料金の面等でも悩んだんですが、それでも私の失敗があったのにも関わらず親身になってお話しを聞いて頂いたり、掲載後の具体的なイメージを持たせていただいたGuidableさんで募集したいという思いがあったんです。

なので、アメリカ国籍の友人にも、検討していた他社と御社について聞いてみたんです。そしてた他社さんは結構暇なときにみるって教えてくれたんです。現在、本気でお仕事を探してらっしゃる方が多い点や、1ヵ月というショートスパンでもしっかりと求職者の方を厳選することができると思ったのも御社の決め手の一つでした。

Guidable Jobsについて

――ありがとうございます!実際に「Guidable Jobs」をご利用いただいた感想を教えてください!

藤沢様:とっても満足しています。求職者の方とのメッセージ機能もかなり使用させていただいていました。携帯で使用したときに少しだけ使いにくかったのでそこは改善してほしい所かなと思いました。

それでも最終的に1ヵ月で40人くらいの方の応募が集まって、営業の方がおっしゃていたことに嘘をなかったんだなと感じました。

最終面接にもすごくモチベーションが高い方が、4人残りました。

今回は、採用数が元々2人と決まっていたので最終的にお断りしたかたもいたんですが、皆さん希望通りぜひ講師として働いて欲しい方ばかりでした。

もしまた新しいスタジオでさらにクラスを増やしたいときは、一番最初にお声かけさせていただきたいです!